クレカ現金化WEB解説書!2017年の最強が決定

クレカ現金化WEB解説書へご訪問ありがとう!ご覧のHPは完全初心者がクエスチョンが出るであろうことをメインとして、何てことのない本音も組み合わせてクレカ現金化の状況を余すところなく案内します。 - クレカ現金化には気をつけよう

クレカ現金化には気をつけよう

クレジットカードも便利で、私たちの生活には欠かすことができないものです。高額の商品を買うときなどは、クレジットカードを使うという人も多いでしょう。

クレカ現金化には気をつけよう

そんな弁理なクレジットカードですが、クレカ現金化もしばしば行われています。現金化は、クレジットカードで購入した商品を業者へ売って現金を獲得する方法です。一見問題も無さそうにも見えますが、実際は多くの問題があるのです。

1つ目として、金融業者が現金化の業者になりすましているというてんです。これだとお金を貸すというのと同じであるとみなして、現金化業者が摘発されているケースも出てきています。実際に現金化する人も債務があって、お金が借りれずに現金化業者を利用するという形も増えております。この形式だと、貸金業法、出資法に違反するということになり、業者が摘発されるのです。

一方、現金化した個人も商品にたいしての支払いが終わるまでは、その商品は転売できません。実際にはクレジットカード会社に所有権があることになるので、勝手に販売することはできず、してしまうと詐欺や横領と見なされてしまうのです。
ほかにも、クレジットカードを利用するうえでも、支払いが終わるまでに転売やこうした業者を利用することは禁止していることもあり、規約に違反するケースと見なされます。するとクレジットカードの利用ができなくなるということになってしまいます。1度の違反で一生使えなくなる可能性があるので、その代償は重いのです。

最後に

クレカ現金化は、一見問題も無さそうに見えても、そのリスクは大きいのです。クレカ現金化には気をつけましょう。

Copyright(C)2016 www.sohodigart.com All Rights Reserved.