クレカ現金化WEB解説書!2017年の最強が決定

クレカ現金化WEB解説書へご訪問ありがとう!ご覧のHPは完全初心者がクエスチョンが出るであろうことをメインとして、何てことのない本音も組み合わせてクレカ現金化の状況を余すところなく案内します。 - クレカ現金化について知っておこう

クレカ現金化について知っておこう

クレジットカードもキャッシングやショッピングでも使えて、便利です。

そんなクレジットカードの使い方として、あらたな方法が出てきています。

それは、クレカ現金化です。

クレカ現金化とは

クレジットカードの現金化やクレカ現金化でネットを探すといろいろな記事が見つかります。

その方法もいろいろとあります。

単純にクレジットカードで購入したものを店舗に売るものから、クレカ現金化の業者に購入したものを売る方法から、さらにクレカ現金化業者の用意した商品を購入し、そのキャッシングを受けとる方法の3つがあります。

詳しくは別の子ページで載せています。

特にクレカ現金化業者のキャッシュバックを利用した方法は、特に注目されています。

その換金率の高さとあうか、キャッシュバック率の高さは、かなりのものです。

90%を越えるところがほとんどです。

たとえば、10万円で90%だと、9万円がキャッシュバックされることになります。

しかし、あくまで9万円は手に入りますが、そのあと、10万円はクレジットカード会社に支払いをしなければなりません。

ここは勘違いしてはいけません。

クレカ現金化は、あくまで一時的にお金が必要な人に、お金が入る仕組みなのです。

あとからは返すお金を準備しなければならないのです。

なお、クレカ現金化業者は、あとから10万円がクレジットカード会社を通じて手に入るので、キャッシュバックで支払った金額の差額が利益となります。

例の場合だと、1万円の収益となるのです。

クレカ現金化は、リスクも

こうしたクレカ現金化ですが、お金が必要な人にはありがたい仕組みとも言われている一方、キャッシュバックと購入額の差額が利息ともとらえることができ、その差分が高いと利息も高いとも見えます。

ある見方をすれば、金貸しのあらたな金融形態として問題視もされています。

悪質なケースとして、警察に検挙されたクレカ現金化業者があるのも事実です。

利用者が捕らえられるケースは聞いたことがありませんが、そのリスクは無いとはいいきれません。

クレジットカード自体が使えなくなるリスクもあるのです。

また、繰り返しすることも生活の面などでもリスクを背負うだけです。

問題についても子ページにて、詳細をみていきます。

最後に

クレカ現金化もこれからも利用する人は増えてきそうです。

確かにお金の必要な人にも利用しやすい制度ですが、利用の仕方をよく考えておこなうことには間違い無さそうです。

Copyright(C)2016 www.sohodigart.com All Rights Reserved.